カードローンの総量規制とは何か

借金カードローンでお金を借りるとき、どこを利用するかによって総量規制の対象になるかの差異があります。この規制は無計画にローンを組んで返済能力を超える借金をしてしまい、債務整理することになる人が多かったため、利用者を守る目的で年収の3分の1を超える借入ができないようにするものであり、貸金業法によって定められています。消費者金融やクレジットカードのキャッシングは貸金業になるため、総量規制が適用されます。この総量について、1つの業者の借金だけを見るのではなく、他社も含めた合計になるので、複数の業者と契約しても回避することはできません。そのため、規制の上限まで利用している状態で追加で契約しようとしても審査には通りません。これに対し、銀行のカードローンは貸金業ではないため対象外になり、年収の3分の1を超えていても問題はありません。銀行側で返済できると判断した金額まで貸付が行われます。審査は厳しくなりますが、高額の借入をしたい場合に適しています。
なお、消費者金融でも年収の3分の1を超えても利用できるケースがあります。金利の高い業者から低い業者へ借り換えたり、複数の業者からの借金を1つの業者にまとめたりするような、利用者にとって有利になる借り換えに関しては総量規制の例外とされているため、審査に通れば利用できます。ただし、法律上は問題ないだけであり、金額が高額になれば審査は厳しくなるため、必ず利用できるとは限りません。