カードローンをのりかえしてお得に利用する方法

カードカードローンは、借りるときに諸費用などがいっさいかからないので、のりかえをしやすいローンです。諸費用がかからないということは、単純に金利が低いところにのりかえをすれば、メリットが出ると考えてよいでしょう。体験談などを見ていると、ATMの利用手数料がかかるようになって、わずかに負担も増えたという意見もあるので、返済にかかる手数料についても考慮しておきましょう。

カードローンを2社以上から借りている人は、おまとめローンが利用できます。限度額が上がるので、金利が下がる可能性が高くなります。2社以上から借りている場合でも、1社だけを借り換えするということもできます。いずれにしても、総合的な負担を減らすということが重要になります。消費者金融でおまとめをすると、クレジットカードのショッピング枠は対象にできませんが、銀行でならクレジットカードのショッピング枠も対象にできます。キャッシング枠については消費者金融でも対象にできます。

消費者金融から借りている人が、銀行のカードローンに借り換えした場合、負担を大きく減らせるでしょう。借りている金額が10万円未満ではあまり差はないと思われますが、50万円以上を借りている人などは、利息を大きく減らせる可能性が高くなります。どのくらい返済総額を減らせるのか、あらかじめシミュレーションをしておくとよいでしょう。最終的な借入れ条件については、審査を受けて結果を見てみないとわかりません。審査の結果、思っていたよりも条件が悪かったなら、もう一度シミュレーションをしてみて、メリットがないならば断ることもできます。