カードローン契約すると住宅ローンが組めないのか?

暮らしの中で度重なる出費に見舞われるのは避けられないこと。その中でもしもお金が不足した時、銀行や消費者金融が提供するカードローンを使えば幅広い利用者がそれぞれのライフスタイルに合わせて活用できるはずです。 とはいえ、この便利なカードローンを利用する際に注意すべきことがあります。というのも、並行して住宅やマンションを購入する上で住宅ローンなどを契約する際に多重債務状態が原因となって審査落ちしてしまうリスクが生じるからです。ネットの口コミや実録としてよく目にするのが、給料も十分にもらっていて住宅ローンを組むのに何ら問題はなく、基準をクリアしているにもかかわらず落ちてしまうパターン。この場合、審査担当者に相談して原因を尋ねると他者でカードローン契約を行っていたというケースが少なくありません。 この場合、少額のローンが残っているだけでも審査落ちしてしまうリスクが生じますし、あるいはローンなど全く無い状態でもカードを保有しているだけで同じく落ちるリスクが生じる場合もあります。住宅ローンを提供する側としてはどんなに安定した収入を得ている申請者であっても、このようなカード利用のリスクを抱えているといつどんなタイミングで多額の負債を背負いこんで返済不能の状態に陥るかわかりません。そのような可能性を除外する意味でも審査落ちという決断を取らざるをえないのです。 このような場合、借金をすべて完済してしまうか、カード自体をキャンセルして破棄してしまうことで改めて審査を受けると審査通過する場合もあるので試してみるとよいでしょう。